転妻節約子育てサポート~転勤を楽しむ子育て~

転勤・引越しを何度となく繰り返してきている我が家。母親・主婦目線で、これまでの経験と生活を楽しむ術をお伝えします。

物件が決まったら、いよいよ引越し!!

引越し業者を決めよう!

転勤・引越しを繰り返してきた我が家。

これまでいろんな業者を利用してきました。

引越し業者なんてどこも一緒、と思うかもしれませんが、実は結構違いがあります。

「安い」はもちろん、何を基準に選ぶかはそれぞれだとは思いますが、

ここでは、業者選びのポイントをご紹介します!

 

業者選びの流れ

流れとしては、

業者のホームページで仮見積り→下見・正式な見積り→決定

が一般的なのかなと思います。

業者をあらかじめ自分で絞るのも良いですが、

まずはインターネットの一括見積りサイトで見積もりをすると一番効率がいいと思います。

ただ、見積りサイトもいくつかあります。

そこで!ここポイントです。

見積りをするだけでお得なメリットがあるサイトをいくつかご紹介しておきます。

LIFULL引越し見積もり

 引越し達人セレクト

カンタン1分で最適な引越し業者が見つかる♪

 

 

業者を競合させよう!!

見積りサイトでの結果を参考にいくつか業者を絞ったら、実際に、営業の方に下見に来て頂くわけですが、ここでのポイントはずばり!

   営業さんに他社と競合させること!!

営業さんも、契約を取ることに必死です。経験上、だいたい、「他社の下見は終わりましたか?」「いくらでしたか?」と聞いてきます。

営業さんによっては、約束日時を「他の業者の下見が終わってから、一番最後に伺いたい」とおっしゃる方もいます。

もしくは、こちら側が、下見の時間を他の業者と多少被るように約束するというのも手でしょう。

 

安ければいいというものでもない!

他社との競合によって値段が下がったところで、あとは各社のサービスについて比べましょう!

あなたの大切な荷物を扱うわけですから、価格だけではなく、中身も非常に重要です。

極端に安い、町の引越し業者なんかは、当日のスタッフ人数があまりにも少なかったりするので、要注意です。当日は何人くらいで来られますかと聞いてみるといいでしょう。トラックの台数にもよりますが、最低でも3人は必要です。

その他、業者決めの判断材料になりうる各種サービスについて、まとめておきます。

  1. 車の輸送
  2. ピアノ輸送(業者によって値段のばらつきが大きい)
  3. らくらくパック
  4. 長距離の引越しの場合の搬入日時(自分自身の移動にも関係してくる為)
  5. 段ボールの無料引き取り(意外とあると便利)
  6. テレビ・洗濯機配線
  7. エアコン取付取り外し金額
  8. 不要家具の引き取り

 

主な大手業者については、次のブログでまとめていきます。