習いごと・教育

【中学生】東進オンライン学校とスタサプの比較表(どっちがいいの?違いは?料金は?)

スポンサーリンク

オンライン授業(映像配信)の通信教材ってどうなのかな

有名な東進と今CMでよく見るスタサプどっちにしようか

そんな疑問を解決していきます。

この記事で分かる事

  • 映像配信型の通信教育ってどうなの?メリットとデメリットは?
  • 東進オンラインとスタサプの違い
  • 東進オンラインとスタサプはどっちがいいの?

本記事の執筆者 

  •  元塾講師で現在39歳の小中学生の子供を持つ母親
  •  自身の子どもを偏差値37→61まで引き上げ(現在もまだまだ上を目指し親子で奮闘中)
  •  筆者自身も中学受験・高校受験を両方経験し、難関志望校に合格
  •  子どものためにと、これまで様々な教育書籍を読みあさり、教育イベントにも多数参加。
  •  これまでの経験と、ありとあらゆる知りえた情報の中から、本当に良いと思う有益な情報のみをお伝えしています。

 詳細プロフィールはコチラをご覧ください。

 今回は、授業配信型の通信教育である、東進オンライン学校と、スタサプの違いを分かりやすく比較表を使ってまとめていきます。

 ぜひ最後までご覧ください。

 では、早速みていきましょう。

 

オンライン授業型(映像配信型)通信教育のメリット・デメリットとは

 オンライン授業型とは、その名の通り、インターネットを通じて、パソコンやタブレット等で、授業を受ける学習形態を言います。

メリット

  • 映像で見るので、分かりやすく、吸収しやすい
  • 通塾に近い内容を低価格で学習できる
  • 曜日・時間に縛られることなく、都合に合わせて授業が受けられる

 オンライン授業型の通信教育は、「自宅に居ながらも、塾と変わらない内容を低価格で受講できる」というのが最大のメリットです。

 塾に行かせたいけど、部活や習い事で忙しいし、お金もかかるし・・・という方にはかなり向いていると言えます。

 しかし、通信教育ならではのデメリットもあります。

デメリット

  • 学習計画が何より重要になる
  • 自身を律していく必要がある
  • 向上心が必要

 オンライン授業型に限らず、全ての形式の通信教育にも言えますが、通信教育というのは、何より、「やる気」が必要です。

 「やる気」さえあれば、通信教育はコスパ抜群です。どんどん伸びていくこと間違いなしです。

 目標をもって、楽しく取り組みましょう。

【比較表】東進オンラインとスタサプの比較【中学生編】

 今回は、オンライン授業型の通信教材の中で今大注目でおすすめの、東進オンライン学校とスタディサプリを取り上げます。

 では、具体的にどんな違いがあるのか。比べてみましょう。

  東進オンライン学校 スタディサプリ
科目  数学・英語 国・数・英・理・社
授業時間  数45分・英30分 平均15分
難易度  学校の授業程度 入門・基礎・応用レベル分け
無学年学習の幅  中1~中3 小4~高3
最低利用期限  2カ月 なし
授業意外の特徴

・確認テスト ・月例テスト 

・計算トレーニング 

・英単語トレーニング 

・実力派講師

・受講授業数に上限がある(1カ月28回)

・演習問題プリント解き放題

 (上限なし)

 

お試し期間   14日間 14日間
受講料 3762円(毎月払い) 2178円(毎月払い)
公式HP

違い①科目

 大きな違いは、東進オンラインが、数・英の2科目に対し、スタサプは5科目

 単純に、料金と科目数だけ見ると、スタサプの方がコスパが良さそうです。

 ちなみに、東進オンラインの小学部が、近年、理科・社会が増えたので、もしかしたら、追い追い、中学部も理科・社会も可能になるかもしれません。

 今のところは2科目です。

違い②授業の内容・中身

 授業の視聴回数にスタサプは制限はありませんが、東進オンラインは、1カ月の受講回数に制限があります。

 しかし、その分、東進オンラインは、1回の授業時間が長く、キャリアのある東進の「人気実力派講師」の授業が受講できます

 一方、スタサプは、視聴回数は無制限ですが、1回の授業時間は15分程度と、短めです。

 単元ごとに難易度がレベル分けされており、無学年学習の幅も小4まで遡ることができ、高3までの内容を先取が出来るので、自由度は高いと言えるでしょう。

違い③テスト

 東進オンラインは、毎回の授業後に確認テストと、毎月の月例テストがあるので、理解度を自身でチェックすることができます。

 一方、スタサプは、「テスト」自体はありません。

 しかし、演習問題が制限なく解き放題ですので、練習量としては、充分にあります。

違い④契約の「縛り」

 東進には、「最低利用期間」があります。

 いわゆる、「縛り」です。

 その期間は「2カ月」。

 つまり、入会したら、最低2カ月は続けなけれないけません。

 一方、スタサプには「縛り」はありません。

 毎月〇日までに退会手続きしなければいけない、という締め日はありますが、その日にちに気を付ければ、極端な話、1カ月のみ、の受講も可能です。

 しかし、

 東進にも、スタサプにも、「14日間のお試し入会」がありますので、入会しても、14日以内であれば、無料で退会が可能です。

 

結局どっちがいいの?

 以上、比較してみると、自由度の高い「スタサプ」に比べて、東進には、受講回数・受講期間に「決まり・制限」があります。

 しかしそれは、日本一の現役合格実績をあげている、日本最大級の予備校である「東進ブランド」ですので、その分、質の良い内容が詰まっている、という事だと思います。

 

結論

回数無制限の視聴や幅広い無学年制、豊富な科目など、自由度で選ぶなら「スタサプ」!

歴史・実績のある講座の質・信頼ブランドで選ぶなら「東進オンライン」!

 効率の良く、力を付けたい、吸収したいのであれば、授業のある通信教育はコスパ抜群です。

 塾に行くほどでもない、でも、紙やタブレットの通信教育だどやらない、続かない人には、最適です。

 貴重な「今」という時期に、選択をミスして、やらないで後悔するより、やってみてから後悔してみましょう。

 スタサプも東進オンラインも、14日間は無料でお試しが出来ます。

 最初は無料なので、まずは14日間でどの程度吸収できるのか、やる気が湧いてくるのか、試してみましょう。

 机上で悩むより、まずは「体験」「体感」が答えを出してくれるはずです。

 東進オンラインでは、資料請求でお得な情報もゲットできます。

 \お得なキャンペーンはコチラから/

まとめ:授業配信型の通信教育は人気急上昇中⤴

 コロナ渦以降、「授業」の重要さに気付かされた親御さんも多くなり、改めて、「授業」中心の通信授業が今、人気急上昇中です。

 その中でも、特に、東進オンライン学校やスタディサプリは、かなり人気を集めています。

 この記事で、少しでもより良い選択のお手伝いが出来たら嬉しく思います。

 

スポンサーリンク

-習いごと・教育