習いごと・教育

【2022年最新比較・検証】東進オンライン学校中学部とスタサプ中学講座 どっちがいいのか?

スポンサーリンク

オンライン授業(映像配信)の通信教材ってどうなのかしら?

有名な東進と今CMでよく見るスタサプどっちにしようかしら

この記事で分かる事

  • 映像配信型の通信教育ってどうなの?メリットとデメリットは?
  • 東進オンラインとスタサプの違い
  • 東進オンラインとスタサプはどっちがいいの?

記事の信頼性 

  •  元塾講師で現在39歳の小中学生の子供を持つ母親
  •  自身の子どもを偏差値37→61まで引き上げ(現在もまだまだ上を目指し親子で奮闘中)
  •  筆者自身も中学受験・高校受験を両方経験し、志望校に合格
  •  子どものためにと、これまで様々な教育書籍を読みあさり、教育イベントにも多数参加。
  •  これまでの経験と、ありとあらゆる知りえた情報の中から、本当に良いと思う有益な情報のみをお伝えしています。

 この記事を読む事で、迷っている方の行動の後押しになると思います。

 ぜひ最後までご覧ください。

 では、早速みていきましょう。

通信教育の分類

 今かなり注目を集めている通信教育。

 その進歩はすさまじく、塾に負けず劣らず各社、良質な教材・サービスを各社展開しています。

 通信教育にも様々な形態があり、その種類は大きく3つに分けられます。

  • 紙学習型・・・ポピー、進研ゼミ、Z会 など
  • タブレット学習型・・・進研ゼミ、スマイルゼミ、Z会 など
  • オンライン授業型・・・スタサプ、東進、一部Z会、一部進研ゼミ など

 どの形態も、それぞれの良さがあり、学習する本人の性格によっても、どれが合うのか変わってくると思います。

 その中でも今回は、「オンライン授業型」の映像配信型通信教材に焦点を当ててお伝えしていきます。

オンライン授業型(映像配信型教材)のメリット・デメリットとは

 オンライン授業型とは、その名の通り、インターネットを通じて、パソコンやタブレット等で、授業を受ける学習形態を言います。

メリット

  • 映像で見るので、分かりやすく、吸収しやすい
  • 通塾に近い内容を低価格で学習できる
  • 曜日・時間に縛られることなく、都合に合わせて授業が受けられる

 オンライン授業型の通信教育は、「自宅に居ながらも、塾と変わらない内容を低価格で受講できる」というのが最大のメリットです。

 塾に行かせたいけど、部活や習い事で忙しいし、お金もかかるし・・・という方にはかなり向いていると言えます。

 しかし、通信教育ならではのデメリットもあります。

デメリット

  • 学習計画が何より重要
  • 自身を律していく必要がある
  • 向上心が必要

 オンライン授業型に限らず、全ての形式の通信教育にも言えますが、通信教育というのは、何より、「やる気」が必要です。

 「やる気」さえあれば、通信教育はコスパ抜群です。どんどん伸びていくこと間違いなしです。

 目標をもって、楽しく取り組んでいけるよう、入会前にしっかりと親子でポジティヴなコミュニケーションを取ることをおすすめします!

【比較表】東進オンラインとスタサプの比較【中学生編】

 今回は、オンライン授業型の通信教材の中で今大注目でおすすめの、東進オンライン学校とスタディサプリを取り上げます。

 では、具体的にどんな違いがあるのか。比べてみましょう。

  東進オンライン学校 スタディサプリ
科目  数学・英語 国・数・英・理・社
授業時間  数45分・英30分 平均15分
難易度  学校の授業程度 入門・基礎・応用レベル分け
無学年学習の幅  中1~中3 小4~高3
最低利用期限  2カ月 なし
授業意外の特徴

・確認テスト ・月例テスト 

・計算トレーニング 

・英単語トレーニング 

・実力派講師

・受講授業数に上限がある(1カ月28回)

・演習問題プリント解き放題

 (上限なし)

 

お試し期間   14日間 14日間
受講料 3762円(毎月払い) 2178円(毎月払い)
公式HP

違い①科目

 大きな違いは、東進が、数・英の2科目に対し、スタサプは5科目。

 単純に、料金と科目数だけ見ると、スタサプの方がコスパが良さそうですが、大事なのは中身なので、科目と料金のみの比較は浅はかです。

違い②授業の内容・中身

 東進は、1カ月の受講回数に制限がありますが、1回の授業時間が長く、キャリアのある東進の「人気実力派講師」の授業が受講できます。

 スタサプは、1回の授業時間は短めですが、単元ごとに難易度がレベル分けされており、自由に選択できます。1カ月の受講回数に制限もありません。無学年学習の幅も小4まで遡ることができ、高3までの内容を先取が出来ます。

違い③テスト

 東進オンラインには、毎回の授業後に確認テストと、毎月の月例テストがあるので、理解度を自身でチェックすることができます。

  一方、スタサプは、「テスト」自体はありません。しかし、演習問題が解き放題ですので、そちらを利用すれば、理解度の確認にもなるし、定着にもつながります。

違い④「縛り」

 東進には、「最低利用期間」があります。いわゆる、「縛り」ですね。その期間は「2カ月」。

 つまり、入会したら、最低2カ月は続けなけれないけません。

 一方、スタサプには「縛り」はありません。

 毎月〇日までに退会手続きしなければいけない、という締め日はありますが、その日にちに気を付ければ、極端な話、1カ月のみ、の受講も可能です。

 東進にも、スタサプにも、「14日間のお試し入会」がありますので、入会しても、14日以内であれば、無料で退会が可能です。

 よって、東進の場合は、この14日間の間に解約すれば、この「2カ月縛り」は適用されません。

結局どっちがいいの?

 以上、比較してみると、自由度の高い「スタサプ」に比べて、東進には、受講回数・受講期間に「決まり・制限」があります。

 しかしそれは、日本一の現役合格実績をあげている、日本最大級の予備校である「東進ブランド」から来るもので、仕方がない事だとは思います。

 それだけ、中身に自信がある、ということです。

 歴史のある「東進」を選ぶか、自由度のの高い「スタサプ」を選ぶか、ということになります。

 どちらがいいのか選択するうえで大切なポイントはこちら!

ポイント

  • まずは現状の学力の把握
  • どこを目指していくのかを明確にする→具体的な目標設定
  • そのために今必要なことは何かを考える→【着実な定着なのか、先取り・応用なのか】

 できれば、14日間のお試しで、両方比べてみるといいと思います。

 ちなみに東進では、資料請求をすると、32ページもの小冊子がもらえます。

 その内容を一読するだけでも非常に価値があるので、一度取り寄せることをおすすめします。

 まずは、東進オンライン学校の資料を取り寄せ、その間にスタディサプリをお試し受講すると、効率的で、違いもより分かりやすいと思います。

 机上で悩むより、まずは「体験」「体感」が答えを出してくれるはずです。

まとめ

 東進オンライン学校も、スタディサプリも、今かなり人気を集めている教材です。

 コロナ渦ということもあり、益々その需要は高まっています。

 この記事で、少しでもより良い選択のお手伝いが出来たら嬉しく思います。

 その他の記事でも、通信教材について書いてますので、よろしければぜひそちらもご覧ください。

【東進オンライン中学校】難易度は?デメリットは?キャンペーンは?徹底解説

続きを見る

【スタディサプリ中学生】評判・口コミは?個別指導もある

続きを見る

【通信教育が続かない中学生】双方向のオンライン塾に切り替えるべき3つの理由

続きを見る

スポンサーリンク

-習いごと・教育