習いごと・教育

【小学生・中学生】塾は高い?通信教育とどっちがいいの?料金比較で検証

スポンサーリンク

塾の費用が高すぎて、辞めたいけど、辞めるのは不安・・・

通信教育でも、塾と同じような効果が出せるかしら・・・

そんな疑問を解決していきます。

この記事で分かる事

  • 一般的な進学塾の費用の相場
  • 塾と通信教育の料金比較
  • 塾と通信教育、コスパが高いのはどちらか
  • 通信教育の効果的な活用方法

記事の信頼性

  •  元塾講師で現在39歳の小中学生の子供を持つ母親
  •  自身の子どもを偏差値37→61まで引き上げ(現在もまだまだ上を目指し親子で奮闘中)
  •  筆者自身も中学受験・高校受験を両方経験し、難関志望校に合格
  •  子どものためにと、これまで様々な教育書籍を読みあさり、教育イベントにも多数参加。
  •  これまでの経験と、ありとあらゆる知りえた情報の中から、本当に良いと思う有益な情報のみをお伝えしています。

 詳細プロフィールはコチラをご覧ください。

 では、早速みていきましょう。

進学塾の一般的な費用の相場

 まず、一般的な進学塾(集団)の費用の相場をお伝えします。

 入塾金・・・15,000円~20,000円

 テキスト代・・・年間25,000円

 テスト代・・・年間30,000円

 諸費用・・・年間35,000円

 毎月の授業料

小1~小3約8,000円
小4・小5約15,000円
小6約17,000円
中1約21,000円
中2約26,000円
中3約29,000円

 春期講習費用・・・小学生15,000円 中学生25,000円

 夏期講習費用・・・小学生30,000円 中学生70,000円 (8月分は授業料はナシ)

 冬期講習費用・・・小学生15,000円 中学生25,000円

 ざっとこんな感じです。

 そして、塾を検討している人はぜひ気を付けていただきたいのですが、毎月の「授業料」だけにとらわれないでください。

 実際は、テキスト代や諸費用、講習費などで、毎月軽く2・3万円。中学生になると、4・5万は引き落とされます。

 つまり、年間でトータル30万~50万はかかります。

 決して大げさに記載しているのではなく、実際、地域に多数の教室と合格実績を持つ、一般的な進学塾の料金です。

 いかがでしょうか。

 これだけの費用をかける訳ですから、塾側も結果にとことんこだわり、手厚くしっかり面倒見てくれます。

 お金と時間に余裕があり、本人のやる気あり、結果を着実に出していきたい人は、迷わず、塾に通うべきです。

 しかしながら、これだけの費用をかけて塾に通っていても、求める結果が伴うのはほんの一握りの生徒のみ。

 なぜなら、、、ほとんどの生徒は「塾に行かされているから」です。

 結局のところ、どれだけお金をかけて塾に通おうが、本人のやる気が伴わないと、お金と時間と送迎の労力の浪費にしかならないのです。

 そんな人はまず、塾に通うよりも、本人の勉強に対するモチベーション、やる気が上がる方法を考える方が先決です。

 同じお金をかけるならば、結果・効果が伴わないと本当にもったいないのです。

 そこで、選択肢として出てくるのが、「通信教育」です。

塾ではなく通信教育を選ぶ理由

 塾ではなく、「通信教育」で結果をだしている生徒もたくさんいます。

 将来のために今しっかり勉強はさせたいけど・・・

  • 塾は費用がかなり高額。一度入るとやめづらいし、まだ小学生だしそこまでお金をかけるのは・・・
  • 塾の送迎も大変・・・
  • 夏期講習や冬期講習など、長期休みが塾で潰れるのは・・・・
  • 今は塾だけではなく、遊びやスポーツ、家族との時間を優先したい
  • 集団の場が苦手なタイプ。精神的負担をかけてまで塾に行かなくても。
  • 転校したばかり。今は学校に慣れるだけで精いっぱい。塾までは・・・
  • 転勤族でまたいつ引越しするか分からないし・・・

 このような気持ちで、この記事を読んでくださっている方は、通信教育を考えていることでしょう。

 一番の願いは、

 費用を抑えて、塾と同じ効果を得たい

 ではないでしょうか。

 

通信教育の料金

 具体的に、各社通信教育の料金を塾と比較してみましょう。

塾と通信教育の料金比較表
【2022年最新 塾と通信教育の料金比較表】

 比べて分かるように、通信教育は、塾と比べると、圧倒的に「安い」です。

 しかし、安いからといって、「とりあえず通信教育」という安易な考えでは、結局、納得のいく効果は充分得られないでしょう。

 要は、本人のやる気次第です。

 逆に言えば、やる気さえあれば、通信教育でも、塾と同様、もしくはより上の効果が期待できるのです。

 

通信教育の最大限の活用の仕方

 通信教育のいいところは、自分で、オリジナルのカリキュラムが組めるところです。

 塾のように、皆と同じ決められたカリキュラムをこなすのではなく、自分の足りないところに重点を置いて補ったり、得意分野をさらに伸ばしていくなど、自由自在に学習が出来ます。

 逆にデメリットは、「つまづいた時に、質問する場所がない」というところ

 つまり、通信教育のメリットを生かしつつ、デメリットを補う事によって、通信教育を最大限に活用できるという訳です。

例えば

 スタディサプリや、東進オンライン学校、というのは、授業がある通信教育なので、比較的、「塾」に近いタイプになります。

 それらの授業で予習をし、ポピーや進研ゼミやZ会の紙で演習問題を解く。

 もしくは、すぐに正当が分かるタブレットで効率よく演習問題を解く。

 そして、つまづきが出たら、再度映像授業を見たり、質問をする。

 このようなに通信教育を組み合わせることで、最大限に通信教育を活用し、塾に行くよりはるかに安い費用で効果が得られます

 質問が出来る通信教育は、進研ゼミやスマイルゼミならば、タブレットやWEB上で出来ます。

 もしくは、中学部限定にはなりますが、スタディサプリの個別指導は、個別指導にしてはかなり破格の値段になっているので、活用するには、最強だと思います。(スタディサプリ個別指導についての記事はコチラ

 

【2022年最新比較・検証】東進オンライン学校中学部とスタサプ中学講座 どっちがいいのか?

続きを見る

 

 更にお金に余裕があれば、オンライン家庭教師を週1だけでも他の通信教育と合わせて取り入れると、いつでも質問が出来たり、第三者に勉強を見てもらう事で、勉強に対するモチベーションも上がり、効率よく効果が出ていくと思います。

 塾に通う事を考えたら、それでもかなり安く費用は抑えられますので、各社の良いとこ取りをして、オリジナルの通信教育を進めていくことをお勧めします。

recommended ranking
【小学生中学生におすすめ】オンライン家庭教師ランキング 失敗しない選び方

続きを見る

まとめ

 以上、小中学生の塾と通信教育の比較をお伝えしました。

 塾は高いなりにそれなりの効果があるのも事実です。

 コスパで考えると、活用次第では、通信教育の方が満足度が高い場合もあるんだ、ということを念頭に置き、選んでいってください。

 本人のやる気さえあれば、通信教育でも充分結果が出せるはずです。

 逆に本人のやる気がなければ、どんなにお金を出して塾に行かせたとしても、満足のいく結果は得られないでしょう。

 勉強嫌いで、なかなか勉強しないお子さんには、通信教育ではなく、家庭教師、もしくはオンライン家庭教師をお勧めします。

 気になる方はコチラの記事もご覧ください。

勉強しない中学生に家庭教師が効果的な理由3選

続きを見る

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-習いごと・教育